回復期リハビリテーション病棟

脳血管疾患や大腿骨頚部骨折、脊椎圧迫骨折など、また外科手術や肺炎で運動能力が低下した患者さまに対して日常生活動作の向上をめざして、リハビリテーション科専門医をはじめ理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、看護師、介護士など多くの専門職がチームで回診しチームでリハビリテーション実施計画を検討しチーム医療を実施しています。

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士によるリハビリテーションは365日対応し、家庭・社会復帰を支援する病棟です。

健康格差が招く障害の克服/リハビリにも高い成果が求められます

多くの患者さんはリハビリである程度よくなればもう退院です。しかし、介護者がいないか、いても高齢や仕事を理由にお世話ができない人もおられます。
また、脳卒中は生活習慣病による所が大きく再発予防も必要ですが、経済的理由から医療にかかれず健康がますます悪化する危険もあります。

そうした人にもとの暮らしに戻って健康も維持してもらうために、回復目標を高く設定し、その実現に工夫をしています。看護師とリハビリ担当者、医療ソーシャルワーカーは、入院早期に自宅を訪ね、退院に必要な課題をもれなく見つけます。 持ち帰った課題は医師、看護師・介護福祉士、医療ソーシャルワーカーと共有し、入院中の訓練に生かします。退院までには医療ソーシャルワーカーが適切な社会資源を紹介し自立を支援します。
必要に応じて、退院後も老健あかねのリハビリ担当者が訪問リハビリを行います。

差額の部屋代はいただいておりません。